AX
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
日本GP


雨の中、鈴鹿サーキットでF1日本GPが開幕した。
中島悟の参戦と同時に開催される様になった、鈴鹿GP。
そのシーズン、ピケ、マンセル、セナ、(あと、ついでに中島)を擁して圧倒的な強さでF1サーカスを勝ち続けて来たホンダは、この鈴鹿でフェラーリのベルガーに優勝をかっさらわれた。
(予選でクラッシュしたマンセルがヘリコプターで運ばれる様は、当時の私にはかなりなまなましかった)

シーズン終盤に開催された事もあり、その後も数々のドラマがあった。
セナプロ対決、鈴木亜久里、幻の表彰台。。。

中でも中島悟の最後の鈴鹿は、今でも、なぜ行かなかったんだろうと後悔している。
マシントラブルでコースアウトし、リタイアしてしまった中島に、リポーターの川井一仁が悔しさから半泣きでインタビューし、ついに言葉に詰まってしまった。
そんな川井に、笑みさえ浮かべながら”OK,仕方ない”と肩を叩きながら応える中島を見て、テレビの前で号泣した。

今年は、すでに今期限りの引退を発表しているシューマッハーがシリーズチャンピオンにに手が届くのかと言う事も大きな見所。

地震で私の膨大なビデオコレクションは、ひっくり返ったまま適当に並べたので何がなんだかわからない状態。
先日適当に手に取ったビデオには F1 とだけ書かれていた。
再生して見ると87年(?)のドイツGP、森のサーキットホッケンハイム。
シューマッハーがドイツ人としてのドイツGP初優勝をしたGPだった。
ポールポジションはデーモンヒル、2番手がシューマッハー(昔、同じ名前の代表キーパーがいたな)
スタートもそのままの順位だったが、なんと2週目の1コーナーでヒルは大クラッシュをしてしまった。
体を心配するようなクラッシュなのに、ドイツ人はこぶしを挙げて大喜びをしている。
やっと車から出てきたヒルがピットまで歩いていると、かまわず罵声をあびせている。

なんてひどいやつらなんだ>ドイツ人
あれ観てると、サッカー選手もアウエーってだけで、テンションうなぎ下がりだろうな。

それとこの大会を持って、20年続いた鈴鹿GPに区切りをつけると言う。
両サーキット共、(バイクでだけど)幾度か走った経験からしても”なんで富士なんだ?”という思いもあるが、これもまた、いたし方ないところだろう。

とりあえず、テレビの中継は見る事としよう。
| | 14:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:11 | - | - |
Comment
中島の最後、私も号泣しました。
修学旅行先の宿で。
ウフ、女子高生時代〜

ひげさんとお揃いのジャージ買っちゃった♪
Posted by: ゆりっぺ |at: 2006/10/09 8:48 PM
まじか?
意外といいやつだな>ゆりっぺ
女子高生時代かー
俺は立派に仕事してたなー

ひげとお揃いかよ!
そういえば先日ひげもニシさんとこでジャージ買ったって言ってたなー
Posted by: む |at: 2006/10/10 8:39 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode